金融機関の評価損620億ドルも、ゴールドマン50億ドルか-ドイツ銀

ドイツ銀行のアナリスト、マイク・マヨ氏 は11日、株式・債券相場の下落を考慮し、世界の大手金融機関12社が今年前 半に総額620億ドル(約6兆4000億円)の評価損を計上するとの試算を明らか にした。

12社はスイスのUBSとクレディ・スイス・グループ、カナダのモントリ オール銀行、米シティグループ、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・ア メリカ、ワコビア、ゴールドマン・サックス・グループ、メリルリンチ、リー マン・ブラザーズ・ホールディングス、モルガン・スタンレー、ベアー・スタ ーンズ。

マヨ氏は、ゴールドマンとリーマンでそれぞれ50億ドルと46億ドルの評 価損が発生するとの予想を示し、2008-09年の利益予想を引き下げた。ドイツ 銀はゴールドマンの株価予想を16%引き下げ207ドルとした。リーマンも54ド ルと、28%引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE