日本株は続落で開始、信用不安で金融に売り-円高警戒で輸出も安い

東京株式相場は続落して始まっている。 10日の米国市場で、証券大手ベアー・スターンズの資金繰りが悪化していると の憶測が流れるなど信用不安が高まっており、証券や銀行など金融株に売りが 先行している。外国為替市場での円高進行を背景に、採算悪化が懸念される電 機や自動車といった輸出関連株からも投資資金が流出している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。