中国鉄道建築:本土上場初日は今年最悪-一段の景気沈静化措置を懸念

10日に上場した中国鉄道建築の株価は、政 府が景気沈静化措置を加速するとの懸念が重しとなり、中国本土での上場初日 としては2006年以来で最悪のパフォーマンスとなった。同社は中国で半分以上 の鉄道網建設を手掛けてきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。