米ベアー・スターンズCEO:流動性に関する観測を否定-株価大幅安

米証券大手ベアー・スターンズのアラン・ シュワルツ最高経営責任者(CEO)は10日、同社が流動性の危機にあるとの 観測を否定した。同観測で、同社株はこの日、1987年の株価暴落以来の大幅安 となっていた。

ベアー・スターンズは発表文で「流動性に関する憶測は絶対に事実ではな い」と指摘した上で、シュワルツCEOが同社の財務状況は「引き続き強い」と 強調した。同社の株価終値はニューヨーク市場で、前週末比7.78ドル(11%) 安の62.30ドルと、2003年3月以来の安値。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE