米ボーイング:異議申し立てを「真剣に検討」-給油機の受注競争敗北で

米航空機・防衛機器大手の米ボーイングは8 日、350億ドル(約3兆5800億円)相当の空中給油機の契約を受注できなか ったことについて、異議申し立てを週末に「真剣に検討」する方針を示した。 米空軍の説明を受け、同社は入札の過程に「大きな懸念」が残ったとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。