銀行債の保証料、急騰-信用混乱乗り切るための資本が不足との懸念

10日のクレジット・デフォルトスワップ (CDS)市場で、銀行と証券会社が発行する社債のデフォルト(債務不履行) リスクに対する保証料が急騰し、過去最高を更新した。現在の信用市場の混乱を 乗り切るには、銀行や証券会社の資本が不足しているとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。