米ブラックストーン:10-12月期は89%減益、評価損などが影響

米投資会社ブラックストーン・グループ が10日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比89% 減益となった。金融保証会社(モノライン)FGICへの出資で評価損を計上 したことなどが響いた。

特別費用を除いた純利益は8800万ドル(1株当たり8セント)と、前年 同期の8億810万ドル(同72セント)から減少した。ブルームバーグがまと めた1株当たり利益の平均予想は20セントだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE