米ブラックストーン:10-12月期は89%減益、評価損などが影響

米投資会社ブラックストーン・グループ が10日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比89% 減益となった。金融保証会社(モノライン)FGICへの出資で評価損を計上 したことなどが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。