1月米卸売在庫:0.8%増加-売上高は2.7%増と、04年3月来で最大(2)

米商務省が10日に発表した1月の卸売在庫 は前月比0.8%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 予想中央値は0.5%増だった。前月は1.1%増加した。

一方、1月の卸売売上高は前月比2.7%増と、2004年3月以来で最大の伸び。 この結果、在庫比率は1.07カ月と過去最低水準を記録した。

米経済がリセッション(景気後退)入りしているとの懸念が広まるなかで、 企業の在庫圧縮が示された。

ワコビアのシニアエコノミスト、マーク・ビトナー氏は、「今年上半期は製 造業部門の緩やかな減速を予想している。住宅や商業建設に関連する分野は厳 しいだろう」と語った。

自動車の在庫は0.7%減。耐久財は0.6%増、石油製品や農産品などの非耐久 財の在庫は1.2%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE