東工取:白金の臨時増証拠金を預託-2営業日連続で制限値段に到達

東京工業品取引所は10日、白金取引におけ る取引臨時増証拠金を預託すると発表した。最終約定値段が3限月(当限を除 く)以上で、2営業日続けて同一方向に制限値段まで到達したため。11日の新規 取引から1枚につき7万5000円の臨時増証拠金を預託することになる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。