ベスト電:さくらや完全子会社化、ファンドから株式取得-業績改善で

家電量販店のベスト電器は10日、連結子 会社で同業のさくらや(本社:東京新宿区)を完全子会社化すると発表した。 ファンドのフェニックス・キャピタルが保有する6割のさくらや株式をベスト 電器がすべて買い取り、同社の業績改善を加速させる方針。

株式は10日付で取得する。ベスト電器は2006年12月にさくらやの第三 者割当増資を引き受け、株式保有割合は4割となった。さくらやを連結子会社 とし、事業再建に取り組んでいた。

ベスト電経営企画部の吉永圭一氏はブルームバーグ・ニュースに対して、 株式取得金額について「非公開」としたうえで、さくらやの業績改善は厳しい 環境下にあり、「新たな再生計画に取り組み、経営判断などの意思決定をこれ まで以上に迅速化させる」と語った。さらに、ベスト電器の事業方針について は「さくらやの取り組み以外では現時点では何も変更はない」と強調した。

ベスト電器の株価終値は前週末比7円(0.9%)安の806円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE