米ゴールドマン:共同社長の07年報酬は約69億円-日当では1890万円

米証券最大手ゴールドマン・サックス・グル ープは昨年度の報酬として、ゲーリー・コーン(47)、ジョン・ウィンケルリー ド(48)両共同社長にそれぞれ6750万ドル(約69億円)を支払った。対前年度 比で27%増となった。

同社が米証券取引委員会(SEC)に7日提出した届出書によれば、両共同 社長はそれぞれ、報酬の4割を現金で、残る6割を制限付き株式とストックオプ ション(自社株購入権)で受け取った。週末を含めた日当で計算すると18万5000 ドル(約1890万円)。米国勢調査局の最新のデータによれば、米国の家計の年 間所得中央値は2006年で4万8201ドルだった。

ゴールドマンがロイド・ブランクフェイン最高経営責任者(CEO)に付与 した昨年度の報酬は6850万ドルとなり、ウォール街の記録を塗り替えた。同社 の07年11月期の純利益は前年比22%増となり、サブプライム(信用力の低い 個人向け)住宅ローン関連損失がCEO辞任につながった同業メリルリンチや米 銀シティグループの業績とは好対照となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE