2月街角景気:現状判断DIは11カ月ぶり改善もマインド依然弱い(2)

スーパーや家電量販店の店長、ガソリンス タンドの営業担当者など、景気の動きを肌で感じやすい職業に就いている人の 景気の現状判断は、2月に11カ月ぶりに改善した。冬物衣料の好調のほか、中 国製冷凍ギョーザ問題で国産品への需要が高まったことが改善に寄与したが、 ガソリンや食品価格の上昇が続く中、マインドとしては依然弱い状況だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。