債券は堅調、米景気懸念受けた株安・米債高で-機械受注は上振れ(2)

債券相場は堅調(利回りは低下)。前週末の 米国市場で、2月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想外の2カ月連続減少 となり、景気後退懸念が強まり、米株安・債券高となった流れを踏襲。日経平 均株価も続落したため、買いが優勢となった。1月の機械受注統計は市場予想 を大幅に上回ったものの、その後、株安が進んだことで売りは限定的だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。