債券相場は堅調、米雇用悪化受け株安・米債高-機械受注は予想上回る

債券相場は堅調(利回りは低下)。前週末の 米国市場では、2月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想外の2カ月連続減 少となり、米株安・債券高となった。こうした流れを引き継ぎ、日経平均株価 も続落して寄り付いており、債券市場は買いが先行している。一方、朝方発表 の1月の機械受注統計が予想を大幅に上回ったことが圧迫要因となっている。

東京先物市場で中心限月3月物は、前週末比28銭高の139円33銭で取引 開始。その寄り値を高値にして、次第に上げ幅を縮める展開となっている。一 時は139円7銭まで伸び悩む場面があった。

バークレイズ・キャピタル証券のチーフストラテジスト、森田長太郎氏は、 「前週末の米国市場で米連邦準備制度理事会(FRB)が流動性供給の実施を 発表し、雇用統計を受けて株式が弱く戻ってきた。きょうは株価がどこまで下 がるかによるが、金利低下で始まるだろう」と予想していた。

内閣府がこの日朝方に発表した1月の機械受注は、民間設備投資の先行指 標とされる船舶・電力を除く民需が、前月比19.6%増加した。ブルームバーグ・ ニュースの調査によると予測中央値は前月比2.6%増の見通しだった。

日経平均株価は続落。前週末比65円96銭安い1万2716円84銭で寄り付 いた。その後は下げ幅を縮小させている。

現物債市場で、新発10年物の290回債は午前9時28分現在、業者間市 場で取引が成立していない。

米市場は長期債堅調、株安-雇用者数は2カ月連続減

前週末の米国債市場では、長期債は堅調だったが、3カ月物財務省短期券 (Tビル)の利回りは上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)が信用機深 刻化への対応で、向こう1カ月で2000億ドルもの流動性を供給する計画明らか にしたことが影響した。

朝方は2月の雇用統計で、非農業部門雇用者数が予想外に減少したことか ら、景気後退を招くとの懸念があらためて強まり、3カ月物Tビルの利回り3 年半ぶりの低水準に押し下げられていた。

キャンター・フィッツジェラルドによると、2年債利回りは前日とほぼわ らずの1.52%程度。一時は2003年7月以来の1.40%に低下。10年債利回りは 4bp下げて3.54%付近となった。

一方、米株式相場は続落。米金融当局によるターム物資金入札規模拡大銀 行株は上昇したものの、2月の米雇用者数減少が嫌気されエネルギー株や山株 に売りがかさんだ。ダウ工業株30種平均は1万2000ドルの大台を割り込み、 終値ベースでは1年5カ月ぶりに安値で引けた。

(債券価格)                           前週末比     利回り
長期国債先物3月物         138.11      +0.06       1.501
売買高(億円)             9786

--共同取材:吉川淳子、大塚美佳、池田祐美 Editor:Hidenori Yamanaka,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 宋泰允 Yasumasa Song +81-3-3201-3052 ysong9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE