債券相場は堅調、米雇用悪化受け株安・米債高-機械受注は予想上回る

債券相場は堅調(利回りは低下)。前週末の 米国市場では、2月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想外の2カ月連続減 少となり、米株安・債券高となった。こうした流れを引き継ぎ、日経平均株価 も続落して寄り付いており、債券市場は買いが先行している。一方、朝方発表 の1月の機械受注統計が予想を大幅に上回ったことが圧迫要因となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。