ドル100円割れも、スタグフレーションならトリプル安-シティ・城田氏

シティバンク銀行個人金融部門の城田修司 シニアマーケットアナリストは10日、ブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューで、米国がスタグフレーション(景気減速下の物価上昇)に陥れば、「株 安・債券安・ドル安」が起こり、米国にとって最悪のシナリオになると語った。 また、ドル売りの流れが続く中、ドル・円は瞬間的に1ドル=100円を割り込む 可能性もあると指摘した。コメントの詳細は以下の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。