米カントリーワイドをFBIが捜査、証券詐欺の疑いで-関係者

米住宅金融最大手カントリーワイド・フ ァイナンシャルが証券詐欺の疑いで米連邦捜査局(FBI)の捜査を受けてい ることが、関係者の話で分かった。

捜査について発言する権限が与えられていないとして関係者が匿名を条件 に8日明らかにしたところによると、捜査はカントリーワイド関係者が証券に 関する届出書で同社の財務内容や住宅ローンの質について誤った情報を提供し たかどうかが焦点となっている。捜査はまだ予備的段階にあるという。捜査に ついては、米紙ウォールストリート・ジャーナルが先に報じていた。

カントリーワイドは、FBIがサブプライム(信用力の低い個人向け)住 宅ローン危機に関連する不正会計を視野に捜査している少なくとも14社のう ちの1社。そのなかには、住宅金融会社や住宅建設業者、ローン証券化を手掛 ける米金融機関などが含まれる。FBIは1月、捜査していることを明らかに したが、具体的な企業名は公表していない。

コンサルティング会社モーゲージ・バンキング・ソリューションズ(テキ サス州オースティン)のデービッド・リッケン社長は「大騒ぎになっているが、 犯罪行為を立証するのは恐らく難しいだろう」と指摘した。

FBIのリチャード・コルコ報道官は8日、コメントを控えた。カントリ ーワイドの広報担当者、ジュマナ・ボーウェンズ氏はFBIの捜査について承 知していないと述べた。カントリーワイドの買収手続きを進めているバンク・ オブ・アメリカ(BOA)の広報担当スコット・シルベストリ氏はコメントを 控えると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE