今週のNY金:上昇か、原油高騰でインフレヘッジ需要が拡大-調査

今週のニューヨーク金先物相場は前週の下 落から、上昇に転じそうだ。ドル安に加え、エネルギー価格の急騰によりインフ レヘッジ需要が高まる見通しだ。

ブルームバーグが世界のトレーダーや投資家、アナリストら25人を対象に 6、7の両日に実施した調査によると、16人が金の買いを推奨した。ニューヨ ーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場は先週80セント下 落し、7日の終値は1オンス当たり974.20ドルだった。金の売りを勧めたのは 5人、中立姿勢を示したのは4人だった。

金相場は5日、原油相場が最高値を更新し、ユーロが対ドルで上昇するなか、

995.20ドルと最高値を付けた。昨年、金相場は年間で31%上昇している。

調査結果:上昇 16人 下落 5人 中立 4人

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE