ポールソン米財務長官:雇用減少は「歓迎すべきニュースではない」

ポールソン米財務長官は7日、2月の非農業 部門雇用者数が2カ月連続で減少したことについて、この四半期の「厳しい」経 済状況を示すとしたものの、景気がリセッション(景気後退)入りしたとの言及 はしなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。