ミシュキンFRB理事:「安定した」政策が通貨安の物価への影響抑制

米連邦準備制度理事会(FRB)のミシュキ ン理事は7日、中央銀行が金融政策を通じて消費者物価に関するインフレ期待を 安定させている限り、通貨下落が物価上昇にもたらす影響は「かなり小さい」と の見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。