パイオニア:プラズマパネル生産撤退-今期は150億円純損失に(2)

プラズマテレビ国内3位のパイオニアは7 日、競争激化に見舞われているプラズマテレビ用のパネル生産から撤退、外部 委託に切り替えると発表した。これに伴い今期(08年3月期)に生産設備廃棄 などの減損処理を実施することから連結最終損益は4期連続の赤字に転落する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。