官房長官:武藤氏は人格、国際的知名度含めてベスト-日銀総裁

町村信孝官房長官は7日午後の記者会見で、 政府が日本銀行の次期総裁候補として武藤敏郎副総裁を与野党に提示した理由に ついて聞かれ、「人格、識見、国際的知名度など含めてベストの人だ」との考え を示した。町村氏の発言は以下の通り。

日銀正副総裁候補の人選の理由:

「それぞれ経験なり、知識なり、国際的な知名度なり、国際経験などを見て 総裁、副総裁にふさわしい方々だと思えるベストの布陣だということでご提示し た」

武藤氏をベストと思った理由:

「詳しくは福田康夫首相に聞いてほしい。人格、識見、国際的知名度など含 めてベストの人だと受け止めている」

副総裁候補の伊藤隆敏東大大学院教授がインフレターゲット論者であり経済財政 諮問会議の現職議員でもあることについて:

「長引くデフレ状況をどのように克服するかが日本経済の大きな課題だ。こ ういう時にどういう金融政策をするのかは大きな日銀の責任。伊藤氏が日銀の中 でどういう議論をしてどういう金融政策をしていくのかは関心のあるところだが、 政府がインフレターゲット政策を取ることを決めたから伊藤氏を推薦したわけで はない」

「経済財政諮問会議であれ他の会議であれ、有力な方が入ることはしばしば あることだが、政府と同一であるということにはまったくならない。それぞれの 立場の方々がやっている。諮問会議も総理大臣に適切な経済財政政策の知恵をア ドバイスする立場だ。政府と一体という方では必ずしもない」

参院で不同意とされた場合の対応:

「否決を想定して、今から何か考えていることはない」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE