米国株(7日):続落、雇用者減を嫌気-ダウ平均1万2000ドル割れ(2)

米株式相場は続落。米金融当局によるターム 物資金入札規模拡大で銀行株は上昇したものの、2月の米雇用者数減少が嫌気 されエネルギー株や鉱山株に売りがかさんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。