2月米非農業部門雇用者:6.3万人減、民間部門は10万人減少(3)

米労働省が7日に発表した2月の雇用統計 によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比6万 3000人減少した。減少は2カ月連続で、減少幅は2003年3月以来で最大だっ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は2万 3000人増だった。

1月の雇用者数は2万2000人減と、速報値の1万7000人減から下方修正 された。

家計調査による1月の失業率は4.8%と、1月の4.9%から低下した。予 想は5.0%だった。失業率の低下は失業者の一部が職探しをあきらめ、労働人 口が縮小したのが背景だ。

銀行や保険会社、レストランや小売業者を含む広義のサービス業の雇用は 2月に2万6000人増加した。小売りは3万4100人減と過去約5年で最大の落 ち込みだった。

建設部門の雇用者数は3万9000人減と、8カ月連続の減少だった。

製造業部門は5万2000人減少(前月は3万1000人減)で、これは2003 年7月以来で最大。エコノミスト予想では2万5000人の減少が予想されてい た。

民間部門は10万1000人減

政府関連機関の雇用は3万8000人増。民間部門の雇用者は10万1000人 減と、2003年3月以来で最大だった。

グローバル・インサイトのチーフエコノミストのナリマン・ベーラベシュ 氏は、「すべての信号が赤く点滅している状況だ。米国はリセッション(景気 後退)に入っている。この時点では疑いようがない」と語った。

週平均労働時間は33.7時間で前月と変わらず。平均週給は1.68ドル上昇 して599.86ドル。

平均時給は前月比5セント(0.3%)増加の17.80ドルで予想と一致。前 年同月比では3.7%増加した。エコノミスト予想では前年同月比3.6%増だっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE