米サンフランシスコ連銀総裁:インフレ期待を軽視すべきでない(3)

米サンフランシスコ連銀のイエレン総裁は 7日、金融政策に携わる当局者はインフレ期待を軽視すべきではないとの認識 を示した上で、米住宅不況に伴う景気の「下振れ」リスクがあると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。