東京外為:ドル続落、米雇用指標を警戒-ユーロは史上初の1.54ドル台

週末の東京外国為替市場ではドルが続落。 米景気の後退懸念や信用不安の拡大を背景に株安が進む中、米雇用統計の下振 れの可能性も意識され、ドルは対円で1ドル=102円台半ばと約3年1カ月ぶり の安値を更新。対ユーロでは史上初となる1ユーロ=1.54ドル台へ下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。