官房長官:日銀総裁人事、民主は政府案に同意と確信-具体名触れず

町村信孝官房長官は7日午前、閣議後の記者会 見で、政府が午後に国会へ提示する日銀の福井俊彦総裁の後任と2人の副総 裁候補の人事案に民主党が同意するよう強い期待感を示した。町村氏の発言 は以下の通り。

日銀正副総裁人事をめぐる民主党への期待:

「候補者からの意見聴取が来週火曜日に行われ、それぞれの党で大議論が 行われると思っている。意見聴取、議論を通じて政府が示した方々が最善である という判断に到達していただけると期待し、確信もしている」

武藤敏郎副総裁の昇格案について:

「本日午後1時から衆参議院運営委員会合同代表者会議でわたしが政府の 考えをお話する。それまで固有名詞は一切、他言無用ということになっている。 一切のお話はそれまで差し控える」

政府案は民主党の意向を踏まえたものになるかどうかについて:

「そうした説明は今言う段階にない。かつまた民主党の意向がどういうものか 正確に承知していない。民主党の中にもいろいろな考えがあると聞いている」

「これは政府の権限だ。政府から国会にお諮りするという性格のものである」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE