東京外為:ドルが3年超ぶり安値圏、米雇用統計マイナスなら下げ加速も

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が約3年1カ月ぶりのドル安水準で推移した。米景気の後退懸念や信用不安の 拡大を背景に株安が進む中、朝方には一時、1ドル=102円46銭(ブルームバ ーグ・データ参照、以下同じ)と2005年1月28日以来の水準までドル安・円 高が進行。ただ、海外時間に注目の米雇用統計の発表を控え、大きく持ち高を 傾けることには慎重な向きが多く、その後は102円台後半で様子見の展開とな っている。

JPモルガン・チェース銀行為替資金本部の佐々木融チーフFXストラテ ジストは、先日発表された民間雇用者数も前月比減少と悪い結果となり、今回 の雇用統計でも雇用者の増減が「ひょっとするとマイナスになる可能性もある」 と指摘。原油高や株安が進み、市場が非常に不安定な状況にある中で、雇用統 計が仮にマイナスになれば、「一気にドル・円の下げが加速する可能性は十分 ある」と語る。

ドル、対円で3年1カ月ぶり安値更新

この日の東京市場は、米国の景気減速懸念や信用不安の拡大を背景に「株 安・ドル安」が進んだ海外市場の流れを引き継ぎ、朝方からドル売りが先行。 ドル・円は1ドル=102円65-70銭付近で早朝の取引を開始すると、午前8時前 には一時、102円46銭と約3年1カ月ぶりのドル安値を付けた。

ただ、102円台では国内輸入企業などのドル買い意欲も指摘され、その後は ドルの下落も一服。午前11時前には一時、102円91銭まで下げ幅を縮小する場 面もみられている。

三菱UFJ信託銀行資金為替部の清水昭男グループマネージャーは、「東 京時間は米雇用統計の発表を控えていることもあり、若干動きにくい展開とな るが、海外株安を受け、アジア株も頭が重くなりそうな気配で、雇用統計の悪 化見通しからするとドルは買いづらい」と指摘する。

一方、欧米株安を受けリスク回避に伴う円買い戻しが進む中、ユーロ・円 は7日早朝にかけて一時、1ユーロ=157円70銭まで円高に振れたが、その後 は158円台前半まで値を戻し、もみ合う格好となっている。

米雇用統計の下振れを警戒

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によれば、この日 発表される2月の米雇用統計では、非農業部門の雇用者数が前月比2万3000人 増加したもよう。1月は同1万7000人減と03年8月以来、初めての減少とな ったが、2月も労働力人口の伸びと均衡するのに必要な約10万人増を大きく下 回る見通しとなっている。

もっとも、給与明細書作成代行会社オートマティック・データ・プロセッ シング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが今週発表した2月の米民間部 門雇用者数が03年6月以来初めての減少となったことで、きょうの雇用統計に ついても予想を下回る可能性が意識されており、ドル・円については「05年1 月の安値(ブルームバーデータでは101円68銭)を意識せざるを得ない」(ソ シエテ・ジェネラル銀行外国為替営業部長・斉藤裕司氏)との声が聞こえる。

金利先物相場動向によると、3月18日の米連邦公開市場委員会(FOMC) でフェデラルファンド(FF)金利誘導目標(現行3%)が0.75ポイント引き 下げられる確率は98%と前日の74%から上昇。残る2%は0.5ポイントの利下 げを見込んでいる。

セントルイス連銀のプール総裁は6日、米国のリセッション(景気後退) は予想していないとしながらも、その可能性はあると発言した。また、ニュー ヨーク連銀のガイトナー総裁は、金融市場の緊張が続き、経済成長を脅かすよ うであれば、政策金利は当面、低い水準で維持する必要があるかもしれないと 述べた。

ユーロ・ドルは1.55ドルへ

一方、欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は6日の会見で、「中・長 期的なインフレ期待をしっかりと抑制することが、政策委員会にとって最優先 事項」であり、「現在の金融政策はこの達成に役立つ」と表明。また、為替相 場については、米国の「強いドル政策」を注視している姿勢を示したものの、 ユーロ上昇に対する懸念を表明することは避けた。ECBは同日開いた定例政 策委員会で政策金利を4%に据え置いた。

欧米の金利差拡大見通しに加え、トリシェ総裁がユーロ高をけん制しなか ったことを受け、7日早朝にはユーロが対ドルで一時、1ユーロ=1.5395ドル とユーロ導入以来の最高値を更新。ただ、1.5400ドル手前ではオプション取引 に絡んだドル買い・ユーロ売りもあるもようで、その後は1.53ドル後半で小康 状態となっている。

ソシエテ・ジェネラル銀の斎藤氏は、「米国の経済指標が悪くなり、一段 の利下げが見込まれる中、ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)に沿っ たドル安は仕方がない」とした上で、トリシェ総裁がユーロ高をけん制しなか ったことでユーロ買い・ドル売りに安心感が広がっていると指摘。「米雇用統 計で悪い数字が出ようものなら、1.55ドルということもあり得る」とみている。

また、7日午前の東京株式相場も大きく下げており、世界的な株安を背景 に「円キャリー(円借り取引)のアンワインドや、ドル・円の100円割れやユ ーロ・円の155円割れを警戒してレパトリエーション(自国への資金回帰)が 前倒しされる可能性」(ソシエテ・ジェネラル銀行外国為替営業部長・斉藤裕 司氏)が警戒されている。

-共同取材:進藤優、吉川淳子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama、Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE