東京外為:ドルが3年超ぶり安値圏、米雇用統計マイナスなら下げ加速も

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が約3年1カ月ぶりのドル安水準で推移した。米景気の後退懸念や信用不安の 拡大を背景に株安が進む中、朝方には一時、1ドル=102円46銭(ブルームバ ーグ・データ参照、以下同じ)と2005年1月28日以来の水準までドル安・円 高が進行。ただ、海外時間に注目の米雇用統計の発表を控え、大きく持ち高を 傾けることには慎重な向きが多く、その後は102円台後半で様子見の展開とな っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。