訂正:外貨準備、初の1兆ドル超え-積極運用に向け議論高まる可能性

日本の外貨準備が初めて1兆ドルを超え た。1999年1月から2004年3月までの断続的な円売り・ドル買い介入によ って積み上がった外貨建て資産の運用益に加え、保有する米国債の時価評価 額が増え続けているのが主因。中国に次ぐ世界第2位の規模を誇る外貨準備 の積極運用に向けて議論が一層高まりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。