東京外為:ドルが3年超ぶり安値圏、米雇用悪化を警戒-下値リスク意識

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が約3年1カ月ぶりのドル安水準で推移している。米景気の後退懸念や信用不 安の拡大を背景に株安が進む中、早朝の取引では一時、2005年1月28日以来の ドル安値となる1ドル=102円46銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ) までドル安・円高が進行。その後はややドルが持ち直しているものの、米雇用 統計の下振れ警戒からドルの上値は重い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。