米セントルイス連銀総裁:サブプライム市場の革新損なうべきではない

米セントルイス連銀のプール総裁は6日、政 策当局はサブプライムローン(信用力の低い個人向けの住宅融資)市場の革新 を損なうことなく金融安定化を推進するルールを作るという課題に直面してい るとの認識を示した。

プール総裁は、イリノイ州スプリングフィールドでの講演原稿で「代償の 高い、痛みを伴う教訓だった。痛みはまだ続いている」と指摘。その上で「わ たしは、サブプライムローンがやがてほかの住宅ローンと同様の状態へと正常 化すると信じている」と述べた。

総裁は「責任追及の動きが広がっている」と指摘。「しかしサブプライムロ ーン債権担保証券の投資家が、この証券固有のリスク評価を怠った例は、かな りあったようだ」と語った。金利見通しへの言及はなかった。

1998年に就任したプール総裁(70)は、今月末に退任する予定。18日に開 かれる次回の連邦公開市場委員会(FOMC)には出席しない。

-- Editor: Chris Anstey, Sau Chan

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Vivien Lou Chen in San Francisco at +1-415-617-7078 or vchen1@bloomberg.net; Steve Matthews in Springfield, Illinois, at +1-404-507-1310 or smatthews@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE