豪オールコ・ファイナンス株大幅安-債権行が担保に株式を差し押さえ

オーストラリアの資産運用会社、オール コ・ファイナンス・グループの株価が7日、シドニー株式市場で過去最安値に 下落した。債権行が返済の滞っている債務の担保として、同社の発行済み株式 総数の14%を差し押さえたことが悪材料となった。

オールコ・ファイナンスは一時48%安まで下落したものの、その後17% 安まで戻し、52.5豪セントで引けた。時価総額は1億9600万豪ドル(約190 億円)に減少。2007年2月のピーク時は49億豪ドルだった。

オールコ・ファイナンスは1年前に、同国最大の航空会社、カンタス航 空に対する111億豪ドル規模の買収提案で主導的役割を果たしたが、計画は 失敗に終わった。同社の立場は、獲物を狙うハンターから一転した。オール コ・ファイナンスの債務は時価総額のほぼ40倍に達しており、同社は破たん 回避に向け資産売却に努めている。

オールコ・ファイナンスが6日の取引終了後に発表したところによると、 豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が3450万株、英住宅ローン最 大手HBOS傘下のバンク・オブ・スコットランド・インターナショナルが 1830万株、それぞれ差し押さえた。両行からのコメントはこれまでのところ 得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE