ECBのハーレー氏:インフレに上振れリスク-景気拡大は鈍化

【記者:Meera Louis、Simone Meier】

3月7日(ブルームバーグ): 欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバ ー、アイルランド中央銀行のハーレー総裁は7日、ユーロ圏の経済成長が鈍化し ているにもかかわらず、インフレには上振れリスクがあるとの認識を示した。

ハーレー総裁はパリでインタビューに応じ、「経済成長は鈍化してきており、 極めて不透明感の強い時期が続いている」としながらも、「インフレへの上振れ リスク」があると指摘、ECBは今後の状況を注視する必要があると語った。

ECBは6日、インフレ抑制に向けて政策金利を4%に据え置いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE