東京外為(予想):ドルの下落リスク警戒、米雇用控え神経質-102円半ば

週末の東京外国為替市場では一段のドルの 下落が警戒される中、値動きの荒い展開となる可能性がある。早朝の取引では ドル・円相場が1ドル=102円台半ばと約3年1カ月ぶりのドル安水準で推移。 米景気の後退懸念が強まる中、前日の海外市場では信用不安の拡大から欧米株 が下落しており、目先はドル売り・円買いが先行しやすい半面、注目の米雇用 統計の発表を前に、持ち高調整の動きも入りやすく、日中は株価動向を横目に 神経質な取引が予想される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。