日銀会合が再開へ-次期総裁選びが佳境、武藤氏か山口氏かそれ以外か

【記者:日高正裕】

3月7日(ブルームバーグ): 日本銀行は7日午前9時、福井俊彦総裁の下 で最後となる金融政策決定会合を再開する。ブルームバーグ・ニュースがまとめ た調査では、有力日銀ウオッチャー18人全員が現状維持を予想した。19日に任 期満了となる福井総裁の後任選びがいよいよ佳境を迎えている。民主党の対応次 第で日銀総裁が空席になるリスクも残っており、市場の関心が集まっている。

政府は7日、衆参両院の議院運営委員会「合同代表者会議」に日銀の正副 総裁人事案を提示する。町村信孝官房長官は6日午前の会見で「福田康夫首相が どういう名前を考えているかを知らない」としながらも、「諸外国でも財政当局 の事務次官経験者が中央銀行総裁や理事長になっているケースが多々ある」と述 べ、武藤敏郎副総裁の昇格を提示する可能性を示唆した。

しかし、国会の紛糾で民主党が態度を硬化させており、同党内では武藤副総 裁の昇格に反対論が強い。同党の鳩山由紀夫幹事長は2月27日、ブルームバー グテレビジョンのインタビューで、民主党内に山口泰前副総裁の起用を求める声 があることを明らかにしている。国会は4日から3日連続で「空転」しており、 すべての委員会審議を欠席している民主党など野党の対応が焦点になる。

武藤・白川体制なら福井路線を継承

政府が武藤副総裁を次期総裁として提示した場合、副総裁としては元日銀 理事である白川方明京大教授が有力視されている。日興シティグループ証券の佐 野一彦チーフストラテジストは「武藤総裁・白川副総裁を想定している。もう1 人の副総裁によって武藤・白川体制の路線が変わるとは考えにくい。基本的には、 これまでの福井総裁の下での金融政策運営が引き継がれるだろう」とみる。

野村証券の松沢中チーフストラテジストは「武藤副総裁、白川元日銀理事 の組み合わせに対する印象は『現行政策スタンスの継続』『少なくともハト派で はない』だ。武藤副総裁は現在の執行部で福井総裁を支えてきた。総裁になった 途端に政策スタンスを転換するとは考えにくい。少なくとも就任当初は、組織内 のコンセンサスを重視するスタンスをとるのではないか」と指摘する。

松沢氏は白川氏については「日銀が量的緩和解除時に打ち出した『物価安 定の理解』と『2つの柱』からなる新しい政策運営の枠組みを、事務方として指 揮したと言われる。消費者物価指数で『0-2%のインフレ目標では低過ぎない か』との批判に対し、日本は海外に比べ『物価安定』と感じるインフレ率が低い ことを説明し、いわゆる『リフレ政策』に対する反論もしてきた」という。

山口総裁でも利下げはあり得る

HSBC証券の白石誠司チーフエコノミストは「新総裁が武藤氏であれ山 口氏であれ、政策面での断層は生じない。福井総裁は既に状況次第で先見的な利 下げもあり得るといった趣旨の発言をしており、このスタンスは新総裁にそのま ま引き継がれるだろう」と指摘。「米国の景気後退入り公算の強まりと低成長持 続観測、それを受けた国内生産・輸出の低迷、市場混乱の長期化見通しが強まれ ば、後任総裁はちゅうちょなく利下げを決断する可能性がある」とみる。

白石氏はさらに「経済見通しとリンクした先見的対応を掲げる日銀は、対 応が後手を踏むリスクにも一定の警戒を持っているはずだ。利下げがあるとした ら、それは保険的対応というよりは、アナウンスメント効果を重視しての明確な 政策転換となるだろう」と語る。

JPモルガン証券の菅野雅明調査部長も「新総裁に誰がなろうとも、日銀 が取り得る選択肢は限られている」と指摘。「基本的に当面利下げの可能性は低 い」としながらも、「海外情勢の変化から、日銀が先行きの景況感を大きく下方 修正するような状況も考えられる。このような局面では、新総裁による早期の利 下げの可能性は否定できない」という。

今年終盤には利上げ模索も

菅野氏はさらに、「日銀はフォワード・ルッキング(先見的)な政策を標 榜しているので、景気後退リスクが高まるような局面で、整合的な金融政策を取 ろうとすれば、早期利下げという選択肢の実現性が高まる。むしろ、そうした方 が市場へのインパクトも出てくる」と指摘する。

一方、アールビーエス証券の山崎衛チーフエコノミストは「実質成長率は 2008年を通じて潜在成長率を下回り、踊り場を予想しているが、大企業の収益 力が高まっていることや、循環的な要因の調整圧力は弱いことから、景気後退に 陥る可能性は低い」と指摘。「日銀は08年を通じて利下げもしないし、利上げ もできないという可能性が高い。武藤氏以外の第3者が総裁になっても、日銀は 08年を通じて利上げも利下げもしないという見方は変わらない」という。

日興シティグループ証券の佐野氏は「サブプライム問題に起因する世界市 場の混乱が収まっていると考えられる今年終盤から来年には、日銀が利上げを模 索する可能性がある」という。しかし、サブプライム問題の火種が残る中、「そ の決断は市場の再動揺を招きかねず、この大きなリスクを彼らが負うとは見込み 難い」と指摘。「国内景気も潜在成長率に届くか届かないかの伸びにとどまる」 として、利上げは「2010年以降」としている。

================================================================== ◎追加利上げ(0.75%への引き上げ)予想時期は次の通り(敬称略)

【08年10-12月】野村証券の松沢中チーフストラテジスト(11月)、バーク レイズ・キャピタル証券の森田長太郎チーフストラテジスト(12月)

【09年1-3月】HSBC証券の白石誠司チーフエコノミスト、第一生命経済 研究所の熊野英生主席エコノミスト(1-3月以降)、信州大学の真壁昭夫教授 (1-3月以降)、大和総研の田谷禎三特別理事(09年前半)、大和証券SM BCの岩下真理シニアマーケットエコノミスト(09年以降)、JPモルガン証 券の菅野雅明調査部長(09年以降)

【09年4-6月】、三菱UFJ証券の石井純チーフ債券ストラテジスト、クレ ディ・スイス証券の白川浩道チーフエコノミスト、ゴールドマン・サックス証券 の山川哲史チーフエコノミスト

【09年7-9月】東短リサーチの加藤出チーフエコノミスト、アールビーエス 証券の山崎衛チーフエコノミスト、みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコ ノミスト(7月以降)

【10年以降】三菱UFJ証券景気循環研究所の嶋中雄二所長(10年2月)、B NPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミスト、モルガン・スタンレー証券の 佐藤健裕チーフエコノミスト、日興シティグループ証券の佐野一彦チーフストラ テジスト

================================================================== ◎無担保コール翌日物金利の予想水準は以下の通り(敬称略、50音順)

                     08    08    08    08    09    09    09    09
                    3末  6末  9末  12末  3末  6末  9末  12末
------------------------------------------------------------------
調査機関             18    18    18    18    18    18    18    18
 中央値             0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  0.75
 最高               0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  1.00  1.25  1.50
 最低               0.50  0.25  0.10  0.10  0.10  0.10  0.25  0.25
------------------------------------------------------------------
三菱UFJ 石井     0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  0.75
大和SMBC証 岩下     0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  1.00  1.00
みずほ証 上野       0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75
東短リサーチ 加藤   0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75
JPモルガン証 菅野      0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  1.00
第一生命経研 熊野   0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  0.75  0.75
BNPパリバ証 河野  0.50  0.25  0.10  0.10  0.10  0.10  0.25  0.25
モルガンS証 佐藤      0.50  0.25  0.25  0.25  0.25  0.25  0.50  0.50
日興シティG証 佐野     0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.50
三菱UFJ景気研 嶋中  0.50  0.25  0.10  0.10  0.10  0.35  0.35  0.60
HSBC証 白石     0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  0.75  1.00
クレディS証 白川   0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  0.75
大和総研 田谷       0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  1.00  1.00
信州大 真壁         0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  0.75  1.00
野村証 松沢         0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  1.00  1.00  1.25
バークレイズC証 森田   0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  1.00  1.25  1.50
ゴールドマンS証 山川    0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75  1.00
RBS証 山崎       0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.50  0.75  0.75

==================================================================

アンケート回答期限は4日午前8時。

--共同取材:山村敬一、廣川高史 Editor:

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 日高正裕 Masahiro Hidaka +81-3-3279-2894 mhidaka@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE