NY原油(6日):連日の最高値更新、終値105.47ドル-ドル安で需要

ニューヨーク原油先物相場は続伸。時間外 取引では1バレル=105.97ドルまで買い進まれ、過去最高値を更新した。ド ルが対ユーロ最安値を更新したことから、原油への買いが集まった。

この1年間の金融市場ではドルが値下がりを続ける一方、エネルギーと金 属相場は大きく値上がりし、インフレヘッジの需要が高まった。前日は石油輸 出国機構(OPEC)総会で増産の意向が示唆されなかったのに加え、米国で の原油在庫が8週ぶりに減少したことから、原油価格は終値ベースで過去最高 値を更新していた。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の市場調 査ディレクター、アディソン・アームストロング氏は、「投資ファンドや投機 的資金が債券や株式、あるいは不動産投資では得られないリターンを商品市場 に求める限り、相場は高水準で推移する」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物4月限 は前日比95セント(0.91%)上昇し、終値ベースで過去最高値の1バレル=

105.47ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE