米国株:大幅反落、S&P500が1年半ぶり安値-金融株に売り殺到

米株式相場は大幅反落。S&P500種株価 指数は2006年9月以来、1年半ぶりの安値となった。住宅差し押さえ件数が 過去最高となり、住宅ローン会社ソーンバーグ・モーゲージとカーライル・グル ープ傘下のクレジットファンドがデフォルト(債務不履行)通知を受け取った ため、信用市場での損失が拡大するとの不安が広がった。

シティグループやJPモルガン・チェース、メリルリンチを中心に売りが 膨らみ、S&P500種の金融株指数は03年5月以来の低水準。小売り大手の JCペニーとギャップは下落。2月の既存店売上高がアナリスト予想を下回っ たことが嫌気された。7日発表の雇用統計がリセッション(景気後退)入りの 瀬戸際にあることを示すとの思惑が強まり、S&P500種は取引終了にかけて 下げ足を速めた。

S&P500種株価指数は前日比29.36ポイント(2.2%)下げて

1304.34。ダウ工業株30種平均は214.60ドル(1.8%)安の12040.39ド ル。ナスダック総合指数は52.31ポイント(2.3%)下げて2220.50。ニュ ーヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は1対11。

AIMインベストメンツで40億ドルの資産を運用するポール・ラスプリ カ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「融資基準が厳しく、 信用供与が縮小している。企業には非常に厳しい環境だ」と指摘した。

金融株指数は6日続落と、昨年11月以来で最長の下落局面となった。07 年第4四半期の住宅差し押さえ件数の比率が過去最高となり、返済遅延率も23 年ぶりの高水準に上昇したことが売りを誘った。S&P500種は年初からの最 安値だった1月22日の水準を下回った。同日には世界的な株安と景気失速に 対処するため、米連邦公開市場委員会(FOMC)が大幅な緊急利下げを発表 した。

下値不安

シティグループのチーフ・テクニカル・ストラテジスト、トム・フィッツ パトリック氏によると、S&P500種は1316.75の下値支持線を割り込んだ。 同氏は顧客向けリポートで、数週間以内に最大11%下げ、1160ドルまで下落 する可能性があると指摘した。

シティは1998年11月以来の安値水準。アメリカン・インターナショナ ル・グループ(AIG)やバンク・オブ・アメリカ(BOA)も大幅安となっ た。

一部の住宅ローン担保証券(MBS)利回りの米国債への上乗せ幅が過去 22年で最大に拡大。住宅ローンのコストが上昇することを示唆した。サブプラ イム(信用力の低い個人向け)住宅ローン市場の悪化を受け、銀行の評価損は 1810億ドルに膨らみ、融資が縮小している。

小売株

S&P500種の小売株指数は4%安となり、1月17日以来の低水準。構 成する31銘柄のうち30銘柄が下げた。1月は4年余りぶりに雇用が減少し、 ガソリン価格が高騰したため、個人消費が落ち込んだ。原油相場は6日、1バ レル=105ドル台に乗せ、ドルはユーロに対して最安値を記録した。

ブルームバーグ・ニュースの調査によると、7日発表の2月の雇用統計で は非農業部門雇用者数が前月比2万3000人増加すると予想されている。1月 は1万7000人減少だった。

USグローバル・インベスターズ(テキサス州サンアントニオ、運用資産 50億ドル)のシニアトレーダー、マイケル・ナスト氏は「市場参加者は悪いニ ューズが続くと予想している。ある業種で雇用が悪化するとさらに別の業種へ と波及していくだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE