米地方債格付け、入札方式証券の混乱の影響受けず-ムーディーズ

米格付け会社、ムーディーズ・インベスタ ーズ・サービスは6日、入札方式証券(ARS)市場の混乱で州政府や地方自 治体の借り入れコストが上昇しているものの、長期化しない限りはほとんどの 地方債格付けには影響しないとのリポートを発表した。

ムーディーズは「ARS市場の混乱は長期化しないと考えるなら」、1655 億ドル規模の地方債市場にリスクはないと指摘した。

ムーディーズは2月、3300億ドル規模の入札方式証券(ARS)市場で 参加者が十分に集まらず、数百件に及ぶ入札が不成立に終わったため、一部の 信用格付けに影響が出る恐れがあると警告していた。

このリポートを作成したムーディーズのバイスプレジデント、ウィリア ム・フィッツパトリック氏は、ARS市場の混乱で金利コストが上昇している ことが地方自治体にとって最も大きな悪影響だと指摘している。

さらに、リポートは金利支払いに十分な現金を保有していない借り手や、 債務借り換えができない借り手の格付けには見直しの余地があるかもしれない との見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE