NY金:反落、前日の高値更新でポジション整理-終値977.10ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。一部投資 家が前日の最高値を受けて売りを出したのが背景。

金相場は前日、オンス当たり995.20ドルの最高値を記録。記録的なエネ ルギーコスト高騰とドルの下落がインフレヘッジとしての金の需要を押し上げ た。金相場は2007年に31%値上がりした。

エクイデックス・ブローカレージ・グループ(ニュージャージー州)の先 物取引ディレクター、ロン・グッディス氏は、「最近の高値更新を好機とした ポジション整理による下落だ。金相場は抵抗線に達した可能性がある」と語っ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は 前日比11.40ドル(1.2%)安の1オンス=977.10ドル。金は年初来17%上昇 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE