東京外為:ドルが対ユーロで史上最安値更新、米欧の金利差拡大見通し

東京外国為替市場ではドルが対ユーロで一 段安となり、一時1ユーロ=1.5307ドル(ブルームバーグ・データ参照、以下 同じ)と、1999年1月のユーロ導入後の最安値を更新した。米国では景気の減 速懸念を背景に金利先安観がくすぶる一方、ユーロ圏はインフレ警戒姿勢を維 持するとの見方から金利格差が広がるとの観測が強まり、ユーロ買い・ドル売 りに圧力がかかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。