日本株(終了)商社や金融中心反発、商品高や為替不安後退-午後先物

東京株式相場は上昇し、TOPIXは6日 ぶり反発。米国景気や急速な円高進行など外部環境に対する過度の不安が和ら ぎ、午後には先物主導で一段高となった。原油最高値など商品市況の高騰を背 景として、三菱商事が売買代金トップで3日続伸となるなど大手商社株が総じ て高い。金融機関の損失縮小期待から、銀行や保険、不動産なども買われた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。