SUMCO:今期純利益は23%減を予想-ウエハー市況軟化や円高で

半導体用シリコンウエハーメーカー世界2位の SUMCOが6日発表した2009年1月期の連結業績予想によると、純利益は前期 比23%減の580億円を見込んでいる。設備投資の減価償却負担に加えて、ウエハ ー価格の低下や円高が影響する。

主力の直径300ミリメートルウエハーの需要は引き続き拡大することから、売 上高は5.3%高の5000億円を見込むが、営業利益は同22%減の1100億円を予想し ている。

同時に発表した前期(08年1月期)の連結決算は、純利益が前期比3.9%増の 749億円と過去最高益を更新した。300ミリメートルウエハー事業や、子会社のS UMCO TECHXIVE(サムコテクシブ)の収益が寄与した。売上高は同 49%増の4750億円、営業利益は同66%増の1404億円だった。

SUMCOは同時に、株式価値向上策の一環として1500万株、300億円を上 限に自己株式を買い入れると発表した。すでに保有している自己株式を除いた発行 済み株式数の5.89%に当たる。期間は7日から5月20日まで。

SUMCO株の6日終値は前日比150円(6.9%)高の2315円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE