バフェット氏がゲイツ氏抜き首位に-フォーブス誌の世界富豪番付

米誌フォーブスがまとめた世界の富豪番付で、 米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長 (77)が米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長(52)を抜き、首位に躍り出た。 ゲイツ氏は昨年まで13年連続で首位を維持していた。

フォーブス誌が発表した文書によると、バフェット氏の資産は2月11日ま での1年間で100億ドル増加し、約620億ドル(約6兆4400億円)となった。 主にバークシャー・ハサウェイの株価の上昇が資産の増加につながった。一方、 ゲイツ氏の資産は20億ドル増の580億ドルで3位。2位は通信業界で富を築い たメキシコの資産家、カルロス・スリム氏(68)で、資産は推定600億ドルとな っている。

フォーブス誌によると、世界の新興市場で資産が拡大しており、ロシアがド イツを抜き、世界2位の富裕国となった。富豪番付に新規に登場した人々のうち 7割はロシア、インド、中国、米国の資産家たち。2006年時点では、上位20人 のうち半分が米国人だったが、08年はわずか4人にとどまった。

ブルームバーグのデータによると、バフェット氏はバークシャー・ハサウェ イの筆頭株主で、昨年7月時点でクラスA株の約32%、12月末時点でクラスB 株の18%を保有していた。バークシャー・ハサウェイのクラスA株は2月11日 までの1年間で28%上昇し、3月5日の終値は1株当たり13万9000ドルと、 ニューヨーク証券取引所(NYSE)で取引される銘柄のうち最高値となってい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE