イングランド銀:政策金利、5.25%に据え置きの公算-きょう発表

イングランド銀行はきょう開く金融政策委員 会(MPC)で、政策金利を5.25%に据え置く可能性が大きい。インフレ加速 により、経済成長維持のための利下げに踏み切れない公算が大きい。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト60人を対象にまとめた調査によ れば、59人が据え置きを見込んでいる。残る1人は0.25ポイントの利下げを予 想した。イングランド銀行はロンドン時間正午(日本時間午後9時)に政策金利 を発表する。

今週発表された統計によれば、2月の製造業とサービス業の価格上昇ペース は過去最大となった。イングランド銀行は今年のインフレ率が3%を上回ると予 想。イングランド銀行は、住宅価格の下落と借り入れコストの上昇を受け、英経 済を支えるため利下げを実施すべきなのか、それともインフレ抑制を重視して利 下げを見送るべきなのか、難しい判断を迫られている。

ポンドは5日、昨年12月と2月に続いて利下げが実施されるとの観測から、 ユーロに対して下落。1ユーロ=0.7689ポンドと、過去最安値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE