スカイマーク社長:来期にも初配当-羽田拡張で国際線進出を検討(3)

独立系の国内線格安航空会社、スカイマー クは来期(2009年3月期)に初の配当を実施する準備に入った。同社の西久保 愼一社長が4日、ブルームバーグ・ニュースのインタービューで明らかにした。 今期(08年3月期)は2期ぶりの営業黒字を達成する見込みで、来期中には前 期までの累積損失を解消し、財務体質の健全化にめどがつくため。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。