NY原油時間外:上昇、100ドル近辺-ドル軟化で商品需要が拡大

ニューヨーク原油先物相場は、5日の時間外 取引で上昇している。ドル相場が下落するなか、インフレヘッジ手段として商 品への投資が拡大している。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場4月限は、前日比 最大67セント(0.7%)高の1バレル当たり100.19ドル。シンガポール時間午 前8時現在、99.97ドルで取引されている。過去1年間では66%高騰している。

石油輸出国機構(OPEC)は5日にウィーンで総会を開く予定。ブルー ムバーグ・ニュースがアナリスト30人を対象に実施した調査では、29人が、O PECは、加盟13カ国のうちイラクを除く12カ国の生産量を日量2967万バレ ルに据え置くとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE