ブラジル中銀:政策金利を11.25%で据え置き、予想通り-インフレ鈍化

ブラジル中央銀行は5日開いた金融政策委員 会で、政策金利を過去最低の11.25%で据え置くことを決めた。金利据え置きは 4回連続。インフレ鈍化で中銀のインフレ目標達成への見通しが強まっている。

ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査では、回答者35人全員が金 利据え置きを予想していた。指標となるIPCA指数でみた1月のインフレ率は

0.54%と、前月の0.74%から低下した。

ブラジル中銀は昨年10月、食品価格上昇や約3年ぶりの高成長を背景にイ ンフレ率が中銀目標(4.5%)を上回るとの懸念が高まったことから、従来の金 融緩和方針を転換し、金利を据え置いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE