米ゴールドマンCEO:信用市場危機は半分を過ぎただけの可能性も

米証券大手ゴールドマン・サックス・グ ループのロイド・ブランクフェイン最高経営責任者(CEO)は5日、サブプ ライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題を発端にした信用市場の収縮 はやっと半分を過ぎただけかもしれないとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。