米財務長官:景気は「目に見えて減速」、リセッション入りは回避へ

ポールソン米財務長官は5日、下院歳出委 員会小委員会で証言し、景気は「目に見えて減速」したが、リセッション(景 気後退)入りは避けられるとの見解を述べた。

ポールソン長官は、「大規模な住宅市場の調整やエネルギー価格の上昇、 そして資本市場の混乱が相まって、米国経済は目に見えて減速した」と述べた 上で、「米国の長期的なファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)は底堅く、 近年みられたような速さはなくとも、景気は拡大し続けると確信している」と 語った。

ポールソン長官は先月末に成立した1680億ドル(約17兆4400億円)規 模の景気刺激策が年末までに50万人の雇用を生み出すと指摘、「国民や経済 にとって時宜にかなった効率的な支援」を提供すると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE