元モルガン・スタンレー幹部のダフ氏、資産運用会社を設立

米モルガン・スタンレーにヘッジファンド 運用会社のフロントポイントを2年前に売却したフィリップ・ダフ氏(50)はこ のほど、資産運用会社ダフ・キャピタル・アドバイザーズを設立した。同社は 年金基金や保険会社などの機関投資家を顧客に、長期的な資金調達に向け助言 する。

5日発表によると、ダフ・キャピタルは資産運用のほか、ヘッジファンド やプライベート・エクイティ(PE、未公開株)投資会社、不動産への投資な どで顧客に助言する。同社はPE会社のリンゼー・ゴールドバーグに5億ドル 相当の株式を売却し、アジマス・アセット・マネジメントの資産を購入した。

ダフ・キャピタルは社内の投資チームに加え、外部の運用者を起用する。

同社社長には、クレディ・スイス・ファースト・ボストン(現クレディ・ スイス・グループ)からモルガン・スタンレーの世界オペレーション・テクノ ロジー事業の責任者に引き抜かれたアイリーン・マレー氏が就任。ヘッジファ ンド運用会社SACキャピタル・アドバイザーズに勤めていたケビン・ベッカ ー氏が最高投資ストラテジストに就いた。ベッカー氏はジュリアン・ロバート ソン氏率いるタイガー・マネジメントのマネジングディレクターも務めていた。

ダフ氏はモルガン・スタンレーに14年間勤め、最高業務責任者(CO O)として退職した後はタイガーに移籍。2001年11月にはフロントポイント を共同で設立した。モルガン・スタンレーへの売却時の運用資産は65億ドル だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE