ベトナム:通貨ドンの変動率を2%に拡大へ-インフレ抑制目指す

ベトナムは通貨ドンの許容変動率を2%に拡 大する計画だ。ドンに上昇余地を与え、ここ12年余りでの最高水準となってい るインフレ率の抑制を目指す。

4日遅くに政府のウェブサイトに掲載された文書によれば、訪英中のズン 首相の代理を務めるフン第1副首相はベトナム国家銀行に対し、ドンの1日当 たりの許容変動率を中心レートの上下0.75%から2%に引き上げるよう指示 した。

JPモルガン・チェース銀行のエコノミスト(シンガポール在勤)、マシュ ー・ヒルデブラント氏は、「インフレはベトナムで一般的に問題だが、食料品価 格、特に輸入食品と石油価格に特に問題がある」と指摘。「輸入品の影響を制限 する手段を見つける必要がある」との考えを示した。

文書によれば、世界的な物価上昇で、ベトナムのインフレは年初からの2 カ月間に加速。ドン上昇の容認は、輸入物の牛乳や乳製品、食用油などのコス ト引き下げにつながるとみられる。

ベトナム国家銀行のグエン・バン・ザウ総裁は5日、ハノイから電話イン タビューに応え、変更の時期は今のところ決まっていないと語った。同行は文 書の指示実行について政府と協議する必要があるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE